むちうち

   

むちうちとは

むちうちとは交通事故やスポーツなどの影響で首に不自然な力が加わり、関節や筋肉の捻挫、靭帯や神経の損傷することで起こる症状の総称です。

むちうちというのは通称で、正式には「頚椎捻挫(けいついねんざ)」「頚部挫傷(けいぶざしょう)」等と呼ばれます。

交通事故直後は脳が興奮状態になることもあり、後から痛みを感じる場合もあるようです。
交通事故にあったら痛みがなくとも病院を受診することが大切です。

むちうち症は4型に分類されます

型による症状は以下の通りです。

■頚椎捻挫型:「首の周囲の痛み」「首の周囲の違和感」
■神経根型:「首や背中の痛み」「腕や手の痛みや痺れ」「握力低下」
■脊髄症状型:「首や背中の痛み」「手、体幹、足の痺れ」「知覚が鈍くなる」
■バレー・リュー症候群型:「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「眼の症状」「頭の症状」

むちうちの原因

むちうちは交通事故の衝撃で首に不自然な力がかかることでS字にしなり、頚椎に負荷がかかることが原因です。
頚椎に負荷がかかると捻挫をした状態になったり、場合によっては首の神経に傷がつきます。

例えば、後方から車に追突されたときの衝撃は、体はシートベルトで固定されているので頭だけに伝わり頭が前に出ます。
その時に首に衝撃が伝わり、負荷がかかるのです。
一般的には、交通事故やスポーツで生じると言われています。

むちうち症の発症時期

受傷後すぐに発症するだけではなく、1-2日してから症状が増悪する場合もあります。

特に受傷直後に頭がボーとしている場合は受傷直後は痛みをあまり訴えませんが、頭がはっきりしてくると痛みを強く訴える場合があります。

一般の外傷は受傷直後から痛みが出現しますが、むちうち症の場合は自律神経が症状発現に関係しますので遅れて症状が現れることがあります。
受傷直後には症状が出なくても、1週間以内は症状が出ることがありますのでこの間は安静が必要です。

むちうち症の治療

急性期では炎症が出ているため、手技療法などは行わず特殊電療でまず炎症を抑えます。

当院ではプロスポーツ選手も使用しているES-5000という機械を使用し施術をしていきます。
炎症が治まったら事故の衝撃で歪んでしまった身体のバランスを整えながら損傷部位の施術を行っていきます。

特に「首」「肩」「肩甲骨」の動きが悪くなっているために首が回らない、腕が上がらないなどの症状があるため「首」「肩」痛みに囚われず全身をチェックしながら施術を行っていきます。

治療費について

被害者、加害者共に自賠責保険が使用でき保険会社が対応されている場合、【窓口負担額は¥0】となります。(保険会社が患者様に変わり立て替えて支払してくれます)

加害者は「治療費を払ってもらえない」「治療はしてはいけない」と思いの方もいらっしゃいますが、治療を受けることは可能です。
治療費に関しても相手方保険会社が対応していただけない場合は、ご自身の人身傷害特約を使い治療費の支払いが行われますのでご安心ください!

現在、他院で治療受けられている場合でも当院に転院可能です。

また、当院では治療だけでなく円満な示談を心がけ、治療以外のご相談も受け付けしておりますので交通事故に関する不明点などは遠慮なくご相談ください。

患者様の声

K様
質問や相談も丁寧に答えてくれます
2度の事故で、両方とも先生に相談し施術を受けました。
徐々に良くなり、スポーツをしていても痛みを感じなくなるまでに回復しました。
質問や相談をすると丁寧の応えて下さり、とてもわかりやすかったです。
他の整骨院で改善されない方、ぜひ受診することをおすすめします。
お問い合わせ・ご予約 電話0433712991 Web予約