坐骨神経痛

      
    腰や臀部が重い、痛みがある
    腰から下にしびれがある
    起床時や疲れたときに腰や臀部が痛い、足がしびれる
    お尻のあたりに痛みやしびれがある
    歩いていると尿がでそうになる

坐骨神経痛は、症状であり、病名ではありません

坐骨神経が圧迫されることによって生じる神経痛を坐骨神経痛と言います。

坐骨神経は腰の骨である腰椎4番目・5番目の神経と仙骨の前面から出て臀部の筋肉の一つである梨状筋の下を通り、大腿後面(ももの裏)中央を足の方向へ行き、膝の裏で枝分かれし、ふくらはぎ、足の裏に行きます。
人体の中で最も大きい神経です。

坐骨神経痛は、この坐骨神経が圧迫などの障害を受けた為、腰・臀部~下肢にシビレや疼痛を発症し、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎分離症、脊椎すべり症などが坐骨神経痛を引き起こす原因としてあげられます。

坐骨神経痛の原因

原因としては、姿勢不良による神経の圧迫、仕事上の満足度の低さ、そして、うつ・不安・ストレスです。

姿勢不良による神経圧迫であれば身体の構造を治します。

うつ・不安・ストレスなどの心的要因は腸内環境の問題が大きいので食生活などから見直しが必要で、当院では体質を改善させるプログラムも並行して身体の構造も治していきます。

患者様の声

Y様
体が軽くなりました
坐骨神経痛で痛みを感じ、チラシを見て来院しました。
施術を受け、体が軽くなりました。
お問い合わせ・ご予約 電話0433712991 Web予約