変形性膝関節症

      
    膝が変形(O脚)してきた
    立ち上がる時、歩きはじめなど動作の開始時に痛む
    正座や階段の昇降が困難
    何もしていなくても痛みがある
    膝がピンと伸びず歩行が困難

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症になると、膝の痛みのためあまり運動しなくなり、足の筋肉が衰えていきます。
膝の筋肉が衰えると筋肉による関節へのサポートが減少しさらに膝に負担がかかります。

このような悪循環から脱するためには、早期に施術を受けることが大切となり、早期に施術を受ければ、痛みをコントロールして変形の進行を遅らせることができます。

変形性膝関節症は50歳代以上の男女、特に女性に多く、40歳代から徐々に増え始め、60歳代の女性の約40%、70歳代の女性の約70%が変形性膝関節症になると言われています。

変形性膝関節症の原因

・加齢
膝に負担がかかる期間が長くなると、変形性膝関節症になりやすくなります。
また、関節の中にあって軟骨に栄養を供給しているヒアルロン酸が加齢に伴い減少することで、軟骨が傷つきやすくなります。

・体重
人が歩くときには、体重の約3倍の負荷が膝にかかります。
例えば、体重が50kgの人では約150kgの負担が膝にかかっていることになります。
体重が重い人ほど膝に負担をかけ、軟骨や半月板を傷つけ発症しやすくなります。

・姿勢
反り腰や猫背など立っている姿勢、歩く姿勢が悪い場合は、普通の姿勢よりさらに膝への負担が大きくなります。
また、日本人に多いO脚は膝の内側に体重がかかることが多くなり、内側の軟骨が傷つき痛みを発症することがあります。

・運動不足
運動不足で足の筋肉が衰えてくると膝に大きな負担をかけてしまい、膝の関節でクッションの役割をしている軟骨が傷つき、膝を動かしたときの衝撃が吸収できにくくなって痛みを生じます。

・性別
理由は解明されていませんが、閉経などホルモンのバランスも影響していると考えられています。

足の骨は骨盤に付きます。
骨盤は、上半身と下半身を連結していて、身体の土台、要になる重要な部分であり、身体の土台である骨盤が歪むと、それに伴い背骨歪み、内臓にも影響が出るようになってしまうのです。

骨盤由来と考えられる身体の不調は膝痛の他に慢性的な肩こり、頭痛、腰痛、ぎっくり腰、目の疲れ、倦怠感、生理痛、胃腸不良、むくみ、冷え性、肥満などがあげられます。
身体を支えている骨盤はとでも重要なものです。

当院は痛みのある辛い部分だけを改善するのではなく、土台からしっかりと改善していき身体の構造を治します。

お問い合わせ・ご予約 電話0433712991 Web予約