自律神経症状

      
    めまいや耳鳴りのする時が多い、立ちくらみを良く起こす
    胸が締め付けられる感じがある
    心臓が早くなったり、息苦しくなったり、脈拍が飛ぶ
    胃の調子が悪い時が多い、下痢や便秘を繰り返す
    肩コリ、腰痛が治らない
    手足が冷える、手足がだるい時が多い
    起床時から疲労感を感じる
    天候の変化に弱い
    どんなに睡眠をとっても寝足りない

自律神経失調症とは

自律神経は全身の様々な器官をコントロールしています。
そのバランスが崩れることでおこる症状も様々であり、身体や内臓の動きはもちろん人間の感情にも変化を起こします。

心と体は密接に関係していて、内分泌系や免疫系などにも相互的に関与しています。
その為、自律神経のバランス(交感神経・副交感神経)が崩れると全身のいろんな場所に障害を起こし全身に様々な症状が現れます。

病院に受診され検査をしても異常が診られず、神経科、心療内科などの専門医を紹介されるケースも最近では多くあります。

自律神経とは自分の意思に関係なく、様々な情報や刺激に反応し、体の機能をコントロールしている神経で交感神経・副交感神経の2つの神経から構成されています。
交感神経は運動・ストレスなど身体を動かすときや気持ちが興奮している時に反応する神経です。ですので、心身を動かす体の環境を作ります。
副交感神経は休憩時や睡眠時、内臓が働く時・安心した時などに反応する神経ですので、身体を回復させる神経になります。

交感神経と副交感神経の関係は、相互作用で働く神経です。
どちらが上がると、どちらかが下がります。
なので、2つの神経が同時に働くことはありません。

交感神経が優位の状態(脳や体が働いている時)の時には、修復はできません。
逆に副交感神経が優位の状態(脳や体を修復している時)の時には、体や脳を活性化させることはできません。

このバランスが何らかの原因で崩れることによって身体に不快な症状のことを自律神経失調症と呼びます。
自律神経失調症とは、無意識に身体をコントロールしてくれている自律神経のバランスが乱れることで、色々な不快な症状が出たり、単なる腰痛や肩こりが治りにくく、いつまでたっても治らなかったりすることです。

症状が人によって違うように、自律神経失調症の原因も人によって違います。
交感神経、副交感神経のバランスが乱れるのには、様々な原因があると言われています。

自律神経失調症の方は『姿勢』が悪い方が多い

一見、姿勢と自律神経は関係なさそうに思いますが実は重大な関係があります。
神経は脳から背骨にかけて通りそこから枝分かれをして全身に分布していて、大切な神経は背骨の中を通っています。

脳は頭蓋骨に守られているのに対して背骨というのは小さい骨が積み重なっているので不安定な状態です。
ですので姿勢が悪いと、背骨の中を通る神経は圧迫されてしまうのです。
いつも疲れている人やどこかしらに痛みがある人、体調不良を抱えている人の姿勢を想像してみてください。
決して良い姿勢ではないと思います。

例えば、背中を丸めて猫背のような姿勢では顔が前にでてしまい、傾いていたりすると首の骨が神経を圧迫します。
神経の通り道である背骨が神経を圧迫することにより神経の伝達機能が低下します。

神経の機能が低下することにより徐々に身体の機能が正常に働かなくなりいずれ身体のどこかに異常を引き起こします。

お問い合わせ・ご予約 電話0433712991 Web予約