野球肘

      

野球肘とは

野球肘という病名はなく俗称です別名としては下記のような物があります。
リトルリーガー肘、リトルリーガーエルボー、ベースボール肘、ベースボールエルボーとも呼ばれます。

スポーツを要因とする反復性の損傷は運動種目ごとに様々な症状を発生させ、その代表的なものが外側上顆炎にあたるテニス肘や、内側上顆炎にあたる野球肘です。

野球肘は投手に発症することが多く、誤った投球動作による投球や投球数の過多などの要因で引き起こされます。
10代前半で発症する例が多く、主な原因として、過剰な投球数などの肘の酷使による疲労が考えられます。

野球の投球動作において肘関節は極度に外反を強制され、同時に前腕屈筋群は強く収縮する。
そのため上腕の骨と前腕の骨の間では極度のストレスがかかり、上腕骨内側上顆では筋肉による伸縮ストレスが負荷となり、これが反復され使用される為、特に筋腱起始部には微小断裂を生じます。

修復過程での修復機転が継続投球によって阻害されることにより極度の痛みや機能障害を発生させてしまいます。

野球肘はの小学生は要注意

特に小学生などの発育期では内側上顆核の変形・肥大・分離・骨端線離解などを生じてしまうこともあるので鑑別が必要です。
その他の原因としては投球フォームに無理があることも考えられます。

フォームの欠点は人それぞれですが多くの場合、投球のリリースの際に上体が開いていたりすることにより肘が体から遠くを通り、肘にかかる負担を大きくしていることによります。
スポーツで肘などを痛める場合はOverUse(使いすぎ)も原因の一つですが肘以外の関節の可動域が悪く(昔の怪我など)そこが原因でフォームが悪くなり肘などに負担をかけ痛めるケースも非常に多いです。

完治を目指すうえでフォームなどの見直しも必要となります。

野球肘の治療法

急性期では炎症が出ている為手技療法などは行わず特殊電療でまず炎症を抑えます。

当院ではプロスポーツ選手も使用しているES-5000という機械を使用し施術をしていきます。
炎症が治まったら怪我した部位をかばって活動するため身体に歪みが生じてきますので、身体のバランスを整えながら損傷部位の施術を行っていきます。

上記にもありますが肘以外の動きが悪いことも多いので肘の痛みに囚われず全身をチェックしながら施術を行っていきます。

お問い合わせ・ご予約 電話0433712991 Web予約