交通事故治療

交通事故後ならお任せください!

交通事故に遭いますとご自身が思っている以上の衝撃が身体にかかり怪我をします。
よく言われるのが「その時は痛くなかったから」「そんな酷くないから」と言われますが、そのまま何も治療を受けずにいますと何年かしてから頸椎などが歪んでしまい体に不調として現れます。
何年も経ったら保険会社も保障してくれません。
保障してくれる間にしっかりと体を治しましょう。

交通事故後の整骨院の通院の流れ

むちうち腰痛(腰椎捻挫)肩のケガ膝のケガ

②診断書をもらう 整形外科でレントゲン検査などの検査を受け

 

交通事故についてのよくある質問

交通事故に遭ったのですが施術はいくらかかりますか?
自賠責保険が適用の場合ですと負担金は必要ありません。
保険会社が患者様にかわり支払をしてくれます。
通院にかかった交通費なども示談時に保険会社が払ってくれます。
交通事故を起こしてしまいましたがこの場合はどうしたらいいですか?
交通事故ですと被害者しか治療受けられないイメージかもしれませんが、加害者側も治療を受けられます。
基本的にはご自身の加入されている任意保険の人身傷害保険特約がご自身の治療保険となっています。
もちろん単独での事故でも保障してくれます特約なので、使用しても等級に関係ないのでご安心ください。
他の所で治療を受けているのですが転院は可能ですか?
転院は可能です。
一度保険会社にご連絡していただき転院したい旨をお伝えください。
うまく伝えられない、交渉できないなどありましたら事前に当院にご連絡の上お越しください。
整形外科に通っているのですが整骨院も通えますか?
整形外科に通いながらの通院も可能です。
整骨院ではレントゲンやMRIなどは撮影ができませんので、当院では整形外科と併用しながらの通院をオススメしています。
痛み止めや湿布のみでも治りますか?
痛み止めや湿布は原因を治すものではないので治りません。
痛み止めや湿布は一時的に痛みを抑えるだけです。
痛みの原因を治す効果はありません。
自損事故を起こしてしまい首を痛めてしまいました。
この場合ご自身の任意保険で対応可能です!
ご自身の保険会社にお問い合わせの上、人身傷害保険に加入しているかご確認ください。
加入していれば人身傷害保険で治療費、通院交通費、慰謝料などが支払われますので、当院での施術負担額はかからない場合があります。
人身傷害保険に加入していますが事故以外でも対応可能ですか?
人身傷害保険の適用範囲は各保険会社によって違うのですが、車の搭乗中が一般的です。
搭乗中なので車の乗り降りの際に転んでケガをした、ドアに指を挟んでケガをした等も保険の対象となります。
契約によっては歩行中や自転車の搭乗中に車にぶつかった等も保険の適用範囲となります。
交通事故の際、整骨院でも自動車保険で治療は受けられますか?
自動車保険も対応しておりますので可能です。
自賠責保険の場合ですと基本的に自己負担額は¥0となります。
過失が大きい場合などは健康保険での施術も可能となりますが、この場合は窓口で自己負担額の支払をしていただき、後日保険会社に請求というかたちになります。
自動車保険も任意保険の契約によっては日常生活でのお怪我も保険の対象となる場合がございます。
詳しくは約款を確認して頂きお問い合わせください。