四十肩(五十肩)の治療について

五十肩の治療ですと痛み止めや注射、電気療法をされている方が多いですが痛みはなくなったが動きがもとに戻らないという方が多く来院されています

四十肩、五十肩の症状についてはこちらから

なぜ痛みはなくなったが動きが悪いままなのか!?

それは、痛みがあるからと安静にし過ぎたり、筋力の低下や肩甲骨の動きが悪くなっているのが原因のことが多いです

筋力の低下であればもう一度筋力をつければ良いのですが、動きが悪いということは体の構造(姿勢)が悪くなっています

ただ痛いから、動きが悪いからと言って

「筋肉が硬くなっているので、筋肉を揉み解しましょう!」と誰でもできる治療は致しません!

当院は 医学的、科学的検査を行い多角的に症状を診ていきます。

その検査結果による分析、評価に基づく治療を行っていきます

他の治療院などではしっかりと検査を行ってから治療を受けられていますか?最初の一回目だけ検査してその後は患者さんの主観だけで治療をすすめていませんか?主観だけですと体の動きが良くなっていることに気づかないケースが多々あります。当院では毎回施術前、後で検査を行い体の変化を示していきます。

何か月もどこにいっても良くならない四十肩、五十肩(肩関節周囲炎)でお悩みのかたは今すぐお電話もしくはLineからお問い合わせください

友だち追加

Follow me!