頭痛

      
    ズキッ、ズキッと頭の片側だけが痛む
    吐き気を伴う頭痛がある
    肩こりを伴う頭痛がある
    激しく、頻繁な頭痛が起こる

頭痛には3つのパターンがある

頭痛は「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発性頭痛」と3つに分類ができます。

よく言われるパターンは「片頭痛があります」と言われますが、よくお話しを伺っていくと片頭痛ではなく緊張型頭痛の方が多いです。

片頭痛と緊張型頭痛ではアプローチする方法が真逆になるので、安易に施術していくのは大変危険です。

片頭痛

片頭痛は、ズキッ、ズキッと痛みのタイプで、多くは頭の片側に起こります。
発作的に起こり吐き気を伴うことがあります。

光や音の刺激で悪化したり(光過敏・音過敏)、匂いに敏感になったりします。
周期的に起こり、日常生活に支障をきたして、仕事や家事を休まざるを得ないこともあります。
視界に何かチラチラするものが見えたり(閃輝暗点)、手足のしびれ・脱力を感じたりすることがあります。

血流を良くすると逆に症状を悪化させますので、温めたりマッサージをしたりするのは禁忌です。
専門的な施術が必要となります。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、肩こりなどの緊張に伴う頭痛です。

頭痛の中で最も多いもので、重い感じで苦しく、締め付けられる感じがする頭痛です。

また、ストレスなどの影響が大きく、デスクワークやパソコンを長時間使用する人によくみられます。

血流の改善し筋肉の緊張を和らげ、心をリラックスさせることが大事になってきます。
鎮痛薬や抗うつ薬や抗不安薬が用いられることが多々ありますが、薬は根本的な原因の改善は不可能で他の症状を引き起こす可能があります。

群発頭痛

群発頭痛は、ある期間に集中して頭痛が起こるため群発性と呼ばれています。
目の奥に起こるもので、耐え難いほどのたまらない痛さです。
毎日同じ時間に起こることがあり、夜中に頭痛で目覚めたりすることもあります。
男性に多いのも特徴です。
群発頭痛ではアルコールが引き金になり、飲酒後1時間ほどたった頃に発作があらわれてきます。
群発期には、飲酒するとほぼ確実に頭痛が起きます。
それ以外にもタバコや気圧の急激な変化なども誘因となるといわれています。
こちらの頭痛もマッサージなどでは症状の改善は難しいので、早めにご相談ください。

お問い合わせ・ご予約 電話0433712991 Web予約